ストレッチの効果について | 表参道・青山、博多駅前のマッサージ、ストレッチ、アロマなら「フェザーボディー」へ。痛みと整体でお悩みの方ご相談ください!

疲れをリフレッシュするなら、ストレッチ&マッサージサロン【フェザーボディー】へ。

ストレッチの効果について

ストレッチのもたらす効果は筋肉を伸ばすだけではありません。

体が硬いと、さまざまな症状が出てきます。体のゆがみ、血管年齢低下、手足のむくみ、肩こり、腰痛、疲労感、頭痛、肩の痛み等の症状です。
この症状以外に、 触れることでしか痛みを感じない部分があります。
そのような痛みを、私達はサイレント・トリガーポイントと呼んでいます。
この部分は、後々に重大な痛みを起こす 可能性がありますが、早期に発見し施術を使うことで、簡単に減少させる事が出来ます。

なぜ体は重く感じるのか?

筋肉の収縮分を体が負担

筋肉の収縮分を体が負担

ストレス等もあるかと思いますが、その大きな理由に筋肉の収縮があります。
筋肉が必要以上に収縮することで、あたかもその筋肉の収縮分の重さを背負っているのと同じ重さを感じることになります。
仮に筋肉が1キロの重さを支えるのに等しい収縮をしていた場合、1キロの重さを常に感じていることになります。

女性が気になる「足のむくみ」について

女性が気になる「足のむくみ」について

むくみの原因は、”筋肉の硬さ”が関係!
足のむくみとふくらはぎの筋肉の硬さが直結していることが知られており、ストレッチで筋肉の自由度を上げることでむくみが消えていくことが知られています。

注目情報!!

注目情報

体の柔らかさ=筋肉や血管の柔らかさ

体が硬い人と血管年齢が高い人は相関関係があることが知られています。
体の柔らかさは筋肉や血管の柔らかさと同じなのです。
体が硬い原因の一つが 筋肉のコラーゲンの糖化です。血管のコラーゲンが糖化して動脈硬化になります。
これを防ぐために、線維芽細胞というコラーゲンを作る特殊な細胞を活性化させ、
糖化されたコラーゲンを壊して新しいコラーゲンを生成します。

ストレッチで血管年齢を改善

ストレッチで血管年齢を改善!

線維芽細胞を活性化させるには、過度な刺激を与えることです。
それには、ストレッチをして筋肉を伸ばすことが重要になります。
つまりストレッチを繰り返すことで、 柔軟性のあるコラーゲンを増やすことができます。
また、ストレッチによって、血管内皮細胞から血管を柔らかくする一酸化窒素が出ることで血管を若返らせるのです。